1. ホーム
  2. >
  3. 発注・入札・契約情報
  4. >
  5. 積算疑義申立て制度の試行的導入

発注・入札・契約情報

積算疑義申立て制度の試行的導入

 公社が発注する工事に係る入札について、積算疑義を解消したうえで契約を締結するため、開札後、金額入り設計書閲覧及び積算疑義の申立てが行える制度を、平成28年度より試行的に導入していますが、対象工事を拡大し競争入札全件を対象とします。(2019.2改正)

  1. 対象工事
     競争入札案件(工事)
     ※平成31年3月31日までに契約を締結する案件は 別途、調達公告に対象工事の適用を記載しています。
  2. 設計書閲覧・申立てができる方
     入札に参加した方
  3. 設計書閲覧・申立て期間
    開札後の午後1時~翌日午後5時まで(1.5日間)