1. ホーム
  2. >
  3. 公社のご案内
  4. >
  5. 沿革

公社のご案内

沿革

1986年 6月25日 財団法人横浜市建築保全公社設立
初代理事長に忽那誠介氏就任
7月1日 業務開始(市民局、民生局、教育委員会事務局の3局を対象とする)
恩田小学校ほか2校が竣工
修繕事業費約30億円
1987年 倉田小学校ほか3校が竣工
1988年 6月 廣瀨良一氏が理事長就任
7月 業務対象を全局に拡大
茅ヶ崎小学校ほか3校が竣工
1989年 6月 長久保美昌氏が理事長就任
7月 森川裕也氏が理事長就任
師岡小学校が竣工
1992年 小田中学校ほか1校が竣工
修繕事業費約83億円
1993年 7月 宮腰繁樹氏が理事長就任
市外郭団体が管理する施設の修繕業務について受託開始
本牧小学校が竣工
1994年 12月 第1回優良工事施工業者表彰式開催
普及啓発事業として「保全ライブラリー」を設置
茅ヶ崎中学校が竣工
1995年 北山田小学校ほか1校が竣工
1996年 4月 渡邊友孝氏が理事長就任
11月 設立10周年記念講演会開催
マスコットマーク制定
能見台南小学校ほか2校が竣工
修繕事業費100億円を突破
1999年 4月 内藤惇之氏が理事長就任
2000年 4月 長沢毅氏が理事長就任
7月27日 第1回評議員会開催
2002年 6月 中川博之氏が理事長就任
2003年 修繕事業費約81億円
2004年 東山田中学校が竣工
2006年 4月 田島秀一氏が理事長就任
横浜市と特定協約策定
2008年 4月 寺澤成介氏が理事長就任
2009年 修繕事業費約83億円
2010年 4月 立花誠氏が理事長就任
修繕事業費約112億円
2011年 4月 公益財団法人横浜市建築保全公社となる
横浜市と協約策定(H23.4~H26.3)
建築基準法による法定点検及び劣化調査開始
一級建築士事務所登録
2012年 4月 大槻哲夫氏が理事長就任
2014年 6月 浜野四郎氏が理事長就任
電子入札運用開始
入札等評価委員会設置
2015年 横浜市と協約策定(H27.4~H30.3)
2016年 4月 鈴木伸哉氏が理事長就任
5月 学校整備・譲渡事業廃止
10月 設立30周年イベント開催
11月 設立30周年記念祝賀会開催
12月 職員行動基準「五訓」制定