1. ホーム
  2. >
  3. 発注・入札・契約情報
  4. >
  5. 契約関係質疑
  6. >
  7. 入札について

契約関係質疑

入札について

質問1 入札は、複数の案件に対して重複してすることは可能ですか?
回答1 同日の他の入札案件に入札することは可能です。ただし、1件の入札案件に2通以上入札した場合は、無効となります。
質問2 入札後の辞退は可能ですか。また開札後の辞退は可能ですか?
回答2 入札から開札までの間は、文書による辞退申請をお受けいたします。
開札後の辞退には、次回の入札はご遠慮していただきます。
質問3 図面等を購入したが、入札をしない場合、辞退届等は必要ですか?
回答3 辞退届は必要ありません。
質問4 予定価格の公表は工事概要公告時に必ずされますか?
回答4 原則として、毎週火曜日9時すぎの公告時に予定価格を公表します。(事後公表案件を除く)
質問5 開札は公開されますか。又結果はどのように公表されますか?
回答5 開札は原則として木曜日に保全公社入札室において公開で行います。(時間は公告します)
結果は保全公社掲示板で当日(候補者のみ表示)、ホームページでは翌週火曜日の9時すぎに公表いたします。(価格等も公表)
質問6 入札の受付はどこでやりますか?郵送は認められますか?
回答6 保全公社総務課に入札箱を設置いたします。入札は直接持参のみといたします。
質問7 工事発注公告はホームページだけですか?
回答7 毎週火曜日に、ホームページと保全公社掲示板で公告します
質問8 「条件付」とは、どのような条件ですか?
回答8 工事する区を中心とした「地域性」「工種」「格付け」を条件として考えております。
質問9 条件付一般競争入札の条件についての、基準等はどのようになっていますか?
回答9 案件ごとに条件を検討しております。
質問10 入札時に提出すべき書類は何が必要ですか?
回答10 入札書と内訳書のみを封筒に入れ、提出してください。
提出時に、複写業者からの領収書(コピーでも可)を確認させていただきます。
質問11 入札時に主任技術者等の届け出は必要ないのですか?
回答11 入札時に届け出は必要ありませんが、落札後に届出書を提出していただきます。
質問12 開札時に立ち会わなければならないのですか?
回答12 原則として、立会いをお願いしておりますが、ご都合等により欠席されても問題はありません。
ただし、最低価格者が複数者の場合、くじ引きとなりますが、欠席した入札者の代わりに公社職員がくじを引くことになります。
質問13 くじ引きは、どのように行うのですか?
回答13 (1)公社職員が読み上げた順番にくじを引きます。(予備抽選)
(2)予備抽選の結果で、抽選機を回します。(本抽選)
欠席した場合は、公社職員が行います。
質問14 落札後の手続きは、いつどのように行えばいいのですか?
回答14 仮落札決定後、説明及び書類の配布を行っております。
欠席者の場合は、原則翌日以降となります。
質問15 開札当日に入札は可能ですか?
回答15 開札当日の入札できません。
原則として開札日前日の午後5時までに公社へ持参し、提出となります。
調達公告で案件ごとに入札期間を明示してありますので、ご確認下さい。
質問16 条件付一般競争入札の条件(工種等)は、一工事一工種ですか?
回答16 案件ごとに検討を行っております。
質問17 条件付一般競争入札は、事業者数が30者程度となるように条件設定すると聞いていたのですが、条件の変更をされたのですか?
回答17 不調となる案件が出ることのないように、工種によっては入札案件が少ないことにより当初の予定より事業者数が増加するような条件設定を行っている場合もあります。
質問18 入札書の金額と内訳書が不一致の場合どうなりますか?また、内訳書を添付し忘れた場合はどうなりますか?
回答18 入札書の額と内訳書の価格が一致しない場合は、無効となります。
入札書に会社名の記載がない場合や代表者印が押印されていない場合も無効となります。
内訳書が添付されていない場合も、無効となります。