1. ホーム
  2. >
  3. 横浜市歴史博物館(よこはましれきしはくぶつかん)

横浜市歴史博物館(よこはましれきしはくぶつかん)

施設(しせつ)紹介しょうかい)

  

横浜市(よこはまし)歴史(れきし)博物館(はくぶつかん)は、平成(へいせい)7(ねん)(1995(ねん))1(がつ)都筑区(つづきく)にできた博物館(はくぶつかん)です。

みなさんも遠足(えんそく)などでなじみがあるのではないでしょうか。

横浜(よこはま)(やく)(まん)(ねん)歴史(れきし)についての展示が(てんじされています。

また、体験(たいけん)学習(がくしゅう)、イベント、歴史(れきし)調査(ちょうさ)研究(けんきゅう)もしています。

博物館(はくぶつかん)のとなりでは、弥生(やよい)時代(じだい)のかんごう集落(しゅうらく)と墓地(ぼち)()つかり

「大塚・歳勝土遺跡(おおつか・さいかちどいせき)」として国史跡(くにしせき)指定(してい公園(こうえん)となっています。

そこでは、復元(ふくげん)された遺跡(いせき)見学(けんがく)することができます。

※ かんごう集落(しゅうらく):まわりを(ほり)(かこ)まれた(むら)のこと

  墓地(ぼち:お(はか)のこと

保全(ほぜん)公社(こうしゃ)のしごと

保全(ほぜん)公社(こうしゃ)では、令和(れいわ)(ねん)(2020(ねん))()外壁(がいへき)のタイルを()()える工事(こうじ)(おこな)いました。 工事(こうじ)では、まず建物(たてもの)外側(そとがわ)(かべ)をすべて調査(ちょうさ)して、ヒビが(はい)ったタイルなど(わる)くなっている部分(ぶぶん)をみつけます。(わる)くなっている部分(ぶぶん)は、タイルが落下(らっか)して(ひと)にけがをさせたり、雨漏(あまも)りの原因(げんいん)などになるので、タイルを交換(こうかん)し、タイルの(あいだ)目地(めじ)()めなおして、タイルを()っている(かべ)(なお)します。 建物(たてもの)非常(ひじょう)(おお)きいため、(かべ)のタイルを(なお)工事(こうじ)はおよそ1(ねんかけて完了(かんりょう)しました。

タイルってなんだろう?

タイルは、建物(たてもの)(かべ)(ゆか)保護(ほご)したり、(かざ)りつけのために()りつける板状(いたじょう)材料(ざいりょう)です。 英語(えいご)ではtileと表記(ひょうき)します。語源(ごげん)はラテン()のテグラ(tegula)で、(もの)(おお)うという意味(いみ)です。

歴史(れきし)博物館(はくぶつかん)は、建物(たてもの)(かべ)がすべてタイルで(おお)われています。

(いろ)のちがうタイルで模様(もよう)(えが)かれ、(かざ)りの役割(やくわり)もしています。

⇩ ひびが(はい)ったタイル

   

 

⇩ 1,タイル交換(こうかん)(ちゅう)のようす

 

       

⇩ 2,タイル交換(こうかん)(ちゅう)のようす

 

         

目地(めじ)(タイルとタイルの(あいだ))を()めているようす

       

最後(さいご)にタイルを(あら)ってきれいにしているようす

 

       

工事(こうじ)完了(かんりょう)

 

()(がみ)建築(けんちく)をつくろう

横浜市(よこはまし)歴史(れきし)博物館(はくぶつかん)について勉強(べんきょう)したら、(つぎ)()(がみ)建築(けんちく)をつくってみましょう。


()(がみ)建築(けんちく)カード「横浜市(よこはまし)歴史(れきし)博物館(はくぶつかん)」、制作(せいさく)()横浜市(よこはまし)歴史(れきし)博物館(はくぶつかん)」、()けなくなったボールペン、

定規(じょうぎ)などを準備(じゅんび)してから、動画(どうが)再生(さいせい)ボタンを()してください。

 

注意(ちゅうい)事項(じこう)

動画(どうが)(なか)で「()りすじ」をつける作業(さぎょう)があります。送付(そうふ)した「()(がみ)建築(けんちく)キット」には、

すでに「()りすじ」が(はい)っていますので、そっとなぞってください。